今、なぜプログラミングが求められているのか?

ホームプログラミングについてのコラム > 今、なぜプログラミングが求められているのか?

なぜ子供のうちからプログラミングを学ぶ必要があるのか、簡単にご紹介いたします。クリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】では、千種区に自由ヶ丘教室、東区に大曽根プレスクールを開いていますので、子供にプログラミングを学ばせたい、スクールに入会させたい方は、ぜひお問い合わせください。

ロボットやAIの急速な発展

プログラミングが大きく注目を浴びる背景には、急速に進化するロボットやAIの存在があります。当然、これらの研究は今後さらに発展していくものと考えられていますが、日本ではこのプログラミングに関する教育が遅れている傾向があり、このままの状態では深刻なIT人材不足が懸念されているのです。

 

そこで、将来を見据えた教育の一つに、未来ある子供のプログラミング教育があげられています。

 

新たな科目として必須になる

プログラミングは非常に大きな可能性を持っており、若いうちに習得しておくと、大人になってから様々な分野で活躍できる可能性が高まります。

 

それゆえに、文部科学省は2020年からプログラミング教育を必修化することに決めました。また、大学入試共通テストでもプログラミングが科目として検討されています。

 

こうした新しい時代に向け、プログラミング教室などでは小学生のうちから技術を身につけられるようになっているのです。

 

“勉強”ではなく“おもしろいもの”という認識を持たせる

子供の時からプログラミングに触れることの強さは、プログラミングを勉強という概念から外し、好奇心や探究心を駆り立てるものにできるという点です。

 

子供は新しいものに非常に惹かれる傾向があり、夢中になると大人顔負けの技術や知識を身につけることもあります。しかし勉強という認識からプログラミングに取り組んでしまうと、子供によっては一気に苦手意識を持ってしまう可能性があり、なかなか取り組むことが難しくなってしまう場合もあるでしょう。

 

そのため、子供の時からプログラミング教室などでプログラミングに馴染んでもらうことは、とても大きな意味があると言えるのです。

 

近い将来のITやロボット分野において活躍できる人材を育てようと、クリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】ではプログラミング教室を名古屋市千種区自由ヶ丘で開いています。

 

思考力やコミュニケーション力、創造力を育むことも目的としているため、子どもにプログラミング教育を受けさせたいとお考えでしたらぜひお役立てください。

コラム一覧

千種区でプログラミング教室をお探しならクリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】へ

教室名

住所

TEL

MAIL

クリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】

〒464-0044
愛知県名古屋市千種区自由ケ丘2丁目10−17 啓周ビル110

052-755-5458

URL

© 2017 BY CREATIVE CREATOR HOUSE.

info@creatorhouse.net  | 052-755-5458 | 愛知県名古屋市千種区自由ヶ丘2-10-17