『何で学ぶのか』が大切!プログラミング言語について知ろう

ホームプログラミングについてのコラム > 何を学ぶのかが大切!プログラミング言語について知ろう

近年、子ども向けのパソコン教室が大きく注目されています。特に、プログラミングについて学ばせたいと考える方は多いでしょう。子どものうちからプログラミングの学習を行うことで将来に役立つ力を身に付けることができます。

こちらでは、子どもたちが学習する上で学びやすいプログラミングの基本的な言語を紹介します。

子供にもわかりやすい言語

子供向けのプログラミング言語として、ビジュアルプログラミングを用いた「Scratch(スクラッチ)」があります。人気の理由として、プログラミングの入門として非常に敷居が低いということがあります。

通常プログラミング言語というと多くの専門的な文字を覚えなければいけませんが、Scratchの場合ブロックを組み合わせてパズルのような形でプログラミングしていくため、楽しみながらプログラミングすることができます。また、ロボットを扱ったプログラミング教材に比べ幅広いプログラミングの基礎知識や概念、算数、国語、理科、社会、音楽などといった公教育の理解を深めることができる点も教材として優れている点でしょう。

 

アプリの開発で利用することが多い言語

ゲームのアプリを開発する上で、Unityという言語はとてもニーズの高い言語です。ノンプログラミングで3Dキャラクターを動かしたり、専門知識がなくても物理エンジンをすぐに導入したりすることができます。

また、Unity で作ったゲームはWindowsやMac、iOS、Androidなどほぼすべての端末で利用することが可能です。バーチャル技術やセキュリティ関連のプロフェッショナル教育にも応用されており、様々な分野で活用できる言語です。

ビジュアルプログラミングから導入教育を受けコードプログラミングへと移行する際にとても汎用性の高い言語と言えるでしょう。

 

知名度の高い言語

ホームページ作成で利用されることが多い言語として、htmlやcss、JavaScript等があります。JavaScriptはホームページを構成するすべてのオブジェクトを操作することが可能で、近年はアプリ開発をする際にも用いられています。

C言語やJavaなどのその他プログラミング言語のようにパソコン上で動作させるための開発環境を準備する必要がなく、Internet ExplorerやGoogle Chromeといったブラウザがあれば動かすことができるため、初心者でも始めやすいのが魅力です。

 

2020年より、プログラミングの授業が小学校での義務教育の中で始まることから、習い事としてプログラミング教室に通わせたいという方が増加しています。名古屋市千種区でプログラミング教室をお探しなら、クリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】をご利用ください。

 

子供の好奇心や探求心を刺激しながら、将来社会で役立つ「思考力」「コミュニケーション力」「創造力」の3つの能力を育むことが可能です。スクラッチやロボットを扱いながらプログラミングの基礎知識を学び、オリジナルの作品づくりを通して、トライ&エラーを繰り返し、学ぶ力を育てます!

 

フリースクールの時間も設けていますので、好きな時に教室を利用することができます。名古屋でプログラミング教室をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

コラム一覧

名古屋でプログラミング教室をお探しならクリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】へ

教室名

住所

TEL

MAIL

クリエイターが育つ家【CREATOR HOUSE】

〒464-0044
愛知県名古屋市千種区自由ケ丘2丁目10−17 啓周ビル110

052-755-5458

URL

© 2017 BY CREATIVE CREATOR HOUSE.

info@creatorhouse.net  | 052-755-5458 | 愛知県名古屋市千種区自由ヶ丘2-10-17